診療のご案内examination

内科

治療方針:基礎と臨床に基づいた総合診療を目指している。

当院内科の構成は、常勤で消化器内科2名、循環器内科2名、呼吸器内科1名、腎臓内科1名、一般内科1名の全7名体制で診療にあたっています。常勤内科医師は学会認定の総合内科専門医3名、認定内科医3人と経験のある医師で構成されています。臨時では、神経内科・糖尿病内分泌、血液内科、リエゾン外来などの特殊外来も定期的に開設し、地域完結型の専門医療に対応すべく努力しております。人数は少人数ながら、各領域の専門家が対応しており、当地域に必要な医療が提供できる体制になっています。
※当院は内科学会認定教育関連病院です。

外来診療について

消化器内科・循環器内科・呼吸器内科・腎臓病内科・血液内科・内分泌内科・神経内科などの各、専門領域に分かれて各々の疾患を管理しています。各開業医からの専門的な依頼に対応できる、より高度な医療体制を整え対応していく事で地域完結型の医療を目指しています。

〈お願い〉

外来は予約制で、できるだけ予約時間での診察を心掛けておりますが、緊急性の高い方が来院されました場合は、診察時間が遅れがちになる場合があります。また、予約されずに受診されました場合は、緊急時を除いてご予約の方の後になりますことをご理解下さい。
近隣の医療機関での診療の結果、当院での診療が必要と判断されました場合は、ご紹介により予約をとることができますので、まずは近隣の医療機関への受診をお勧めします。また、状態が安定した場合には、速やかにご紹介させていただきます。
地域の皆様に安定した医療を提供させていただくために必要なことですので、ご理解のほどよろしくお願いします。

一般内科

スタッフ紹介

健診センター長 斉藤 良一

専門 内科一般・内分泌代謝内科
所属学会 日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会専門医、日本内分泌学会、日本糖尿病学会

循環器内科

当院では平成18年11月に24時間体制の心臓カテーテル検査室を立ち上げ、これまで心筋梗塞や、不安定狭心症などの重症患者を県立新発田病院まで救急搬送しておりましたが、これができたことにより一分一秒でも早く治療ができるようになりました。心臓カテーテル検査自体は15分程度の局所麻酔で行います。治療を行うと1-2時間かかる場合もあります。平成22年現在では診断カテーテル件数年間500例以上、治療件数120例以上を施行しています。‘地域での最先端医療’をモットーに、最新の造影設備と日本で一番細いカテーテル(外径1.1mm、新潟県内では当院のみ)を使用し、できうる限り患者様への負担軽減を目標に、95%以上を手首の動脈からのカテーテル検査、治療を行い患者様の早期の社会復帰、生活復帰を心がけています。

また、他に治療対象疾患として、徐脈性不整脈などに対してペースメーカー植え込み治療、閉塞性動脈硬化症などに対して血管形成術などを積極的に行っております。

外来診療について

  • 毎週月(午前)・水(午前、午後)・金曜日(午前、午後)に外来診療行っております。
  • 定期的なペースメーカークリニックを併設し、電池寿命の管理を行っております。
  • 県立新発田病院心臓血管外科と密に連絡をとり、心臓外科手術患者の紹介など行っております。
  • 緊急治療が必要な場合、24時間365日対応しております。
  • 開業医の皆様からのご紹介は随時受け付けております。

スタッフ紹介

内科部長 大瀧 啓太

専門 循環器内科
所属学会 日本内科学会、日本循環器学会

内科部長 金子 順二

呼吸器内科

市中/院内肺炎、喘息、慢性閉塞性肺疾患、気胸、間質性肺炎、肺がんなどの一般的な呼吸器疾患全域の症例に対応しています。また、重症や合併症の多い患者に対応することもしばしばであるため、内科としての総合力が必要な領域ですが、積極的な医療を心がけています。

スタッフ紹介

内科部長 冨樫 清朋

専門 呼吸器内科
所属学会 日本内科学会 認定総合内科専門医 認定内科医
日本呼吸器学会 所属

内科医長 坂元 宏隆

専門 呼吸器内科
所属学会 日本内科学会、日本呼吸器学会、日本アレルギー学会

腎臓内科

急性・慢性腎炎、ネフローゼ症候群、急性・慢性腎不全などの治療を行っており、急性・慢性腎不全の治療として血液透析、腹膜透析などの血液浄化療法を行っています。また、多臓器不全や感染症などに伴う急性腎不全、薬物中毒など重症の方の血液浄化療法を行うこともあり、他の診療科との連携にも努めています。

スタッフ紹介

内科部長 長 賢治

専門 腎臓内科
所属学会 日本内科学会 認定内科医
日本腎臓学会、日本透析医学会、日本糖尿病学会 所属

消化器内科

2名の医師で消化器全般の病気に対応しています。

上部内視鏡は連日10~15名、大腸内視鏡は5名前後を行っています。食道、胃、大腸のポリープや早期癌に対する内視鏡治療も積極的に行っています。また胆道系に関しては総胆管結石に対する内視鏡も多く行い良好な成績を上げています。肝炎に対するインターフェロン治療、肝癌に対する局所治療、各種進行癌に対する化学療法、経口摂取ができなくなった患者さんに対する内視鏡的胃ろう増設術なども行っています。外科と連携しながら可能な限り侵襲の少ない各種治療で病気の改善、治癒を目指しています。

スタッフ紹介

副院長 杉谷 想一

専門 消化器内科
所属学会 日本内科学会、日本消化器病学会、日本肝臓病学会、日本消化器内視鏡学会、日本消化管学会
日本ヘリコバクター学会、日本臨床腫瘍学会、日本癌治療学会

内科医長 中村 隆人

専門 消化器一般
所属学会 日本消化器病学会、日本内科学会、日本消化器内視鏡学会

内科医長 盛田 景介

専門 消化器内科
所属学会 日本内科学会 日本消化器病学会 日本消化器内視鏡学会