診療のご案内examination

小児科

小児科は、新生児から中学生までを対象に診療を行っています。子どもの病気のほとんどを診療していますが、基本的には小児の「内科」領域の疾患の診察・治療を行っています。当科で診療している症状・疾患は、発熱、咳、鼻水、嘔吐、下痢、腹痛、頭痛、けいれん、発疹・湿疹、便秘、おむつかぶれ、肺炎、気管支喘息、食物アレルギー、てんかん、夜尿症などです。何科にかかればわからない場合、ケガ以外の症状であれば、まず、小児科にご相談下さい。必要に応じて他科(耳鼻科、皮膚科、眼科、泌尿器科など)と連携して診療いたします。また、子どもたちの健やかな成長・発達を支援するのも小児科の役割です。病気の治療だけでなく、子どもの発育・発達を評価するための乳児健診、病気を予防するための予防接種を行っています。成長の悩み、子どもの肥満なども小児科へご相談下さい。なお、当院で対応できない重症な病気や専門的な診療が必要な場合は、周辺の高次医療機関へ紹介しています。

外来診療について

  • 外来は、常勤医師2名が交代で行っています。月曜日から金曜日の午前・午後に予約不要の一般外来を行い、小児の内科疾患全般にわたって診療をしています。なお、混雑状況によりお待ちいただく場合がございます。
  • 気管支喘息、てんかんなどの慢性疾患の再診は予約を行っています。
  • 予防接種、乳児健診は予約制です。定期の予防接種の他に、ロタウイルスワクチン、B型肝炎ワクチンの接種を行っています。
  • 第1、3水曜日の午後に、新潟大学小児科の協力のもと、心エコー外来を行っています(予約制)。

スタッフ紹介

小児科部長 山口 正浩

専門 小児科専門医、小児科一般
所属学会 日本小児学会

小児科医長 熊倉 俊一

専門 小児科一般
所属学会 日本小児科学会、日本小児科救急医学会