病院指標Indicators of hospital

病院指標

DPCデータを用いた病院指標

DPCデータから全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成し、地域の皆さんに情報公開を進めています。この指標によって、当院の特徴や急性期医療の現状を理解していただくことを目的としています。
現在公開している病院指標は、平成28年度(平成28年4月1日~平成29年3月31日)中に当院を退院した患者さんのデータを集計の対象として作成しています。ただし、自動車賠償責任保険や労災保険、自費等の患者さんのデータは含まれません。

DPC(診断群分類別包括制度)とは

入院患者さんの病気とその症状を基に国で定めた1日あたりの定額の点数から入院医療費を計算する制度です。

標榜診療科について

~平成28年7月
内科、小児科、外科、脳神経外科、産婦人科、耳鼻咽喉科、眼科、整形外科、皮膚科、泌尿器科、歯科、歯科口腔外科、放射線科、リハビリテーション科
(計14診療科)

平成28年8月~
内科、消化器内科、小児科、外科、脳神経外科、産婦人科、耳鼻咽喉科、眼科、整形外科、皮膚科、泌尿器科、歯科、歯科口腔外科、放射線科、リハビリテーション科
(計15診療科)

※今回の病院指標データは平成28年度(平成28年4月1日~平成29年3月31日まで)のデータとなります。

病院指標とは

病院の様々な機能や診療の状況などを具体的に数値化し示したものです。病院指標を評価、分析することによって医療の質の向上を図っていきます。

病院指標項目
1 年齢階級別退院患者数
2 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
3 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
4 成人市中肺炎の重症度別患者数等
5 脳梗塞のICD10別患者数等
6 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
7 その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)